PERSON

ホテル従業員たちが
より輝いて働けるよう、
サポートしていく。

経理部 係長代理

経理部 係長代理

私の仕事

経理とは、ひとことで表すなら
お金の流れを管理すること。

ビジネスホテル部門の経理を担当しています。毎日、担当する店舗から送られてくる売上の集計・報告をし、疑問があれば店舗に問い合わせ、必要ならば修正をお願いします。その他にも取引業者様への支払管理や入金情報・経費の会計ソフトへの入力、出張旅費の精算など、業務は実に多岐にわたります。また店舗では月に1度、在庫を把握するための「棚卸し」があり、その際は店舗へ足を運んで在庫管理がマニュアル通りになされているかチェック。改善しなければいけない点があれば、一緒に作業をしながら指導をしていきます。この仕事に求められるのは正確性。緊張感もありますが、経理の重要性を感じながら働くことができるのでやりがい十分です。また、店舗とやり取りする中で「あなたに教えてもらえて助かっています」と言われたときは、それまでの苦労が報われます。

私の仕事

仕事のやりがい

入社してすぐに大役を任された。
目の前には、成長しかなかった。

「入社1年目から第一線で活躍できる」。説明会で聞いた言葉を裏付けるように、入社してすぐに5店舗を任されました。はじめは上司に教わりながら業務の流れを覚えていき、徐々に独り立ち。まさかそんな大役を1年目から任せてもらえるとは思ってなかったので正直ビックリしました。大変ではありましたが、日を追うごとにできる仕事が増え、成長を実感できたのがうれしかったです。大変だったと言えばもうひとつ。入社して半年経ったころ、ホテルで使用しているシステムの大々的な変更がありました。それに伴って経理サイドでもいくつかシステムの切り替えが発生。あれは本当に苦労しましたね。なにせ一連の業務もまだわかってない状態だったので。現場の方から質問されたり、逆に現場の方に質問したり。結果的に現場と協力し合いながら何とか乗り切ることができました。大変だった分、乗り越えた先の成長も大きい。私の入社1年目は、とても濃いものになりました。

仕事のやりがい

今後の目標

現場に寄り添い、
ともに成長していく。

入社時からビジネスホテル部門を担当してきました。今年で入社3年目。ある程度のことはできるようになりましたが、まだまだ半人前。もっともっと経験を積んでいきたいですし、機会があればシティホテル部門の経理を担当し、ビジネスホテルにはない「料飲・婚礼・宴会」の経理も学んでみたい。「より経理という仕事への理解を深めていく」というのが今後の目標です。あとは現場のサポートの強化。日々の数字をきっちり管理することはもちろん、現場からの質問や問い合わせに対してレスポンス良く対応したり、回答する際にもより現場が理解しやすいように工夫するなど、現場の負担を少しでも減らしてあげたい。そうすれば空いた時間に別の業務に注力できるなど、全体的なパフォーマンスの向上につながるはずですから。今後も経理というバックオフィスから、ホテルの再生を応援していければと思っています。

プロフィール

2015年新卒入社(専門卒)
経営財務コース専攻

入社動機

専門学校で学んだ簿記・会計の知識を活かしたいと思い、経理の仕事を中心に探していました。エフ・イー・ティーシステムを知ったのは、学校の就職活動室に貼ってあった求人票。就職担当の先生に話を聞くと、専門学校の先輩も何名か入社しており、活躍されているという話を聞きました。説明会で特に印象的だったのは「若い人材を求めている」という社長の言葉。新人は上司の指示を待ち、与えられた仕事をこなしていくというのが普通だと思っていました。しかし、この会社なら入社1年目から会社の軸になるような仕事を任せてもらえる。他社に比べて、自分の成長をイメージしやすかったというのが入社の決め手です。

1日の流れ

9:30 朝礼。
9:40 稟議のチェック、メール確認。
10:00 担当店舗の口座振替経費を計上し、預金の残高を合わせる。
11:00 前日の各店舗の売上集計・報告。
12:30 エージェントの手数料計上、未払・買掛業者の経費計上。
14:00 昼食。
15:00 現場で使用する小口現金の内容をチェックし、経費計上。
16:00 売上現金入金確認・各預金残高確認。
16:30 QUOカード内容・残高チェックなど。
19:30 退社。