RECRUITING INF

育てたいのは、
現場に強い人材。

人材育成

ホテルを再生させることは、ホテルの経営を立て直すこと。
それに携わる社員には、経営者目線が不可欠です。
しかし、現場経験のない方にいきなり経営を考えろ、と言ってもできるわけがありません。
だから私たちは、まずみなさんに「現場に強い人」になってもらいます。
現場での数字の分析は、経営の基本。
それを徹底的に叩き込むための育成プランが、エフ・イー・ティーシステムにはあります。

業務を通じて学ぶ

仕事とは、学んだことを実践する機会。最高の学びの場です。エフ・イー・ティーシステムではまず、新入社員をホテルの店舗運営を扱う部署に配属。業務を通じて、フロント業務、レストラン、客室メイク、予約管理、売上データの数字の読み方など、一連の流れを理解していただきます。その後は、ジョブローテーションにより幅広い知識を身につける道や、スペシャリストとして専門性を高める道など1人ひとりが目指したい将来から逆算して、キャリアを形成することができます。

キャリアイメージ※ローテーションの内容は人によって異なります

  1. 入社
  2. 宿泊推進部(〜1年)
  3. 開発部(〜1年)
  4. 予算管理(〜1年)
  5. 適性に応じた
    配属先へ

研修を通じて学ぶ

業務だけでは身につかない知識・スキルを吸収していただくため、各種研修をご用意しています。中でも特徴的なのは「入社後グループ会社合同研修」。本社勤務のみなさんにも、私たちが運営するホテルで、業務を体験しながらホスピタリティやホテルのオペレーションを学んでいただきます。現場のリアルを知らなければ、いい再生はできない。そんな考えからです。また、合同研修終了後は、それぞれの配属先にて研修があります。

入社後グループ会社
合同研修の主なメニュー

ホテルマンとしての考え各職種ごとの業務内容と特性を理解します。
フロント業務体験サービスの基本や作法、言葉遣いなどを学びます。
ビジネスの現場でも役立つスキルです。
レストラン業務体験外部講師による衛生講習や、防災について学びます。
宴会業務体験トレーの持ち方や料理の出し方、配膳など、
シーンに応じた動きを理解します。

ホスピタリティは、数字から生まれる。

最後に、私たちが数字にこだわるもうひとつの理由をお伝えします。
ホテルを利用されるお客さまの満足度向上です。
ホスピタリティとは、コストパフォーマンスの追求。
どれほどサービスにこだわっても、そこに利益が生まれなければ、持続しません。
一方、利益にこだわるあまり、その対価に見合ったサービスを提供できなければ、
お客さまの心は離れていくでしょう。
価格とサービスのバランスこそが満足度の生命線であり、それを追求するには、
まず数字(=そのサービスにどれほどコストがかかり、どれほどの価格が最適か)が
理解できていなければならないのです。
ホテルの再生を通じて、お客さまにも感動をお届けしたい。
そう強く願う、エフ・イー・ティーシステムです。

人材育成