株式会社 ベイシア興産 代表取締役社長 池田 清造 様

ショッピングエリア「ベイシア本庄早稲田店ゲート店」の一角にホテル(いやし処ほてる寛楽 本庄早稲田駅前)を建てようとしたきっかけは、何でしょうか?

この計画はベイシア本庄早稲田店ゲートを出店する時、地域活性化を掲げ街づくりのメンバーとして私が参画したことがきっかけです。
本庄市様と早稲田大学様それと埼玉県、弊社ベイシアグループを代表して私が参加いたしました。
その際、本庄市様や早稲田大学の大学院様から弊社のリーシング事業とは別にホテル建築の要望をいただいておりました。
しかし、我々ショッピングセンターエリアの中にはホテルはありません。出店する時にもショッピングエリアの中に建築計画はありませんでした。
ただし、ショッピングセンターの隣接地にホテルを置く事例は多く見られます。
アメリカだったら、ロサンゼルスにしてもサンフランシスコにしても、またちょっと内陸に入った場所でも、必ずショッピングモールの隣にホテルが存在いたします。
その考えは弊社の中でも浸透しており、ホテルを建てるならショッピングモールの中より隣接地ということで意見が一致し出店の決済をいただきました。

数あるホテルグループの中で、エフ・イー・ティーシステムにホテル運営を任せようとした理由は何だったのでしょうか?

もともと貴社には伊勢崎のセーブオン(ベイシアグループ)の隣接地に「セレクトイン伊勢崎」を出店した実績がありました。
また貴社の取組も精査した結果、お願いをして良かったなという感想を持っておりましたので、今回も出店をお願いいたしました。

今回は和テイストの「いやし処ほてる寛楽」を新規ブランドオープンしたわけですが、既存のビジネスホテル「セレクトイン伊勢崎」と比べ、どのような違いを感じられたでしょうか?

伊勢崎店は皆様もご存知の通り、「セレクトイン」というホテルブランドが展開したものです。緑と黄色を基調としたカラーリングも違和感はありませんでした。
それに対し、今回の本庄早稲田の出店につきましては、本庄市自体が中山道沿いでありかつて宿場町として栄えた場所です。貴社の中村社長と対談した時に、宿場町のイメージを出したいと言われておりました。その方向性が外観にも良く表れており、またコンセプト・名前・実質のハードも一致したホテルだと思います。

オープン前とオープン後にも、何度もお泊まりいただきました。「癒し」をお感じになった部分、また改善した方が良い部分があれば、教えてください。

「癒し」という部分を考えると、やはり快適な睡眠です。シモンズベッドの導入によってベッドによる快適性・癒しが向上し、他のホテルとの差別化が図られていると思います。大浴場に関しては、若干洗い場が少ないかなという印象はありました。また、浴槽についてももう少し水深を深くしても良かったのではないかと感じました。気になったのはその二つくらいです。
後はお客様の入りに応じて、サービスを充実させていけば十分だと思います。
若干話が逸れるのですが、私どもの経営しているスポーツクラブもやはり会員様の要望をどんどん取り入れて改善をしてまいりました。将来的により良いホテルにする為にも、改善の要望を取り入れていただければと思います。

「いやし処ほてる寛楽」のアピールポイントの一つに、おっしゃっていただいたように「シモンズベッド」がございます。また「ナノ水」も癒しポイントの一つなのですが、これについてはどう感じられましたか?

正直、私はよくわからなかったです(笑)。しかし、弊社の社員が宿泊した際に「普通の水とは違うね!」という感想は言っていましたね。

朝食についてはどう感じられましたか? 品数や味など、いかがでしたでしょうか?

品数や量については十分だと感じました。味については私はパンが美味しいと感じました。温かいパンが提供されていて非常に美味しいと思います。後はお茶漬けですかね。自分でトッピングして食するスタイルは、和のテイストで分かりやすいと思います。

将来ベイシアグループ様の中で、新たにホテルを展開させていただく機会があった場合、弊社に期待することを教えてください。

グループとしては色々な考え方があるのですが、私としてはやはり今回 本庄早稲田で出店したように、モールの隣接地で是非展開をお願いしたいと思っております。
将来的にはモールの隣に介護施設のような施設も作りたいと思っております。その時にホテルがあれば、お客様の要望に対応できると思っておりますので、展開を期待しております。

FETが支持される理由TOPへ