失敗しないホテル経営の秘密

お客様の頭の中や行動を死ぬほど考える

あなたのお客様はなんでホテルに泊まっているのか?何しにきているのか?
これってたくさんの目的があります。

帰りたいけどどうしても帰れない人。
この方達はそもそもホテルに泊まりたくない人だっているわけです。

かたや明日の大事な商談の準備したい人もいます。
これから付き合いで飲みたくないけど飲みにいかないといけない人もいます。

この人たちの頭の中は皆違います。
同じサラリーマンであっても目的や頭の中が違うのであれば売るべき商品や サービスが違ってくるはずです。
ましてや違う業種なら・・例えば学生の団体客は試合に勝って優勝したいと思っているはずです。

だったら、それを叶えてあげる為にどういうサービス、商品がいいのか?
それを死ぬほど考えてあげれば大手にはできないけど、楽しいサービスができます。
私も大手チェーンの会社にいた事がありますがチェーン店にはチェーン店の理論があって、効率優先の為にできないことが多々あるのです。

ホテルで靴を売る?

もし1年中全国を飛び回っている営業マンがいたら、その人は絶えず移動で足が疲れているでしょう。

そんな人をどうしたら楽にしてあげられるか。
どんなサービスをしたらうれしいだろうか?
1日10万歩歩いても疲れない靴があったら?
ホテルで靴を売ってはいけない法律など、どこにもありません。

お客様の頭の中から考える事で新しいアイデアが生まれお客様が喜ぶホテルが誕生します。

様々なアイデアが詰まった改善ノート

様々なアイデアが詰まった改善ノート

私たちが自信を持って皆様をサポートします。